[iPhone] 数字で見るApp Store

AppStatsではApp Storeからアプリの情報を収集してランキングを作成しています。その際に収集したデータをいくつか集計してみたので紹介します。大雑把ではありますがApp Storeの現状が伺えるのではと思います。

集計したデータについて

  • アメリカと日本のiTunesストアで購入できるiOS用のアプリの情報を収集
  • 収集したそれぞれのアプリデータをもとに、日、米、英、独、仏、加の
    各国iTunesストアにてレーティング数とレビュー数の情報を収集
  • 収集した集計対象のアプリ数は469,993

集計項目

  1. アプリの価格帯の割合
  2. iPhone/iPad/Universalアプリの割合
  3. レーティング数、レビュー数の割合
  4. 対応しているiOSのバージョンの割合
  5. 対応言語数の割合
  6. ファイルサイズの割合
  7. カテゴリ別アプリ数の割合

注意
なおデータの収集には大体1ヶ月くらいの時間を要しているので、紹介する内容は現時点のApp Storeを正確には反映していません。あくまで概要を把握するためのものです。

1. アプリの価格帯の割合

早速集計結果を見て行きましょう。まずはアプリの価格からです。

4割が無料、8割が$1.99以下という結果になりました。最近ではアプリ内で課金を行うものも増えてきていますが、基本的には無料もしくはそれに準ずるような価格でアプリは販売されているようです。

ちなみにストア内で、一番高額なアプリはというと$1009.99で、日本円だと85000円になります。全部で19個のアプリがこの価格で販売されています。怪しいアプリが多い中例えば以下のようなアプリがあります。すごくニッチな分野のすごく詳しい情報とかということでしょうか。

QSFFStats

Continue reading “[iPhone] 数字で見るApp Store”

CMakeの使い方メモ

OpenCVをソースからビルドしようとしたらCMakeが使われていたのですが、全然使い方がわからなかったので、少しだけ調べました。CMakeはビルド環境を作る為のツールで、CMakeFiles.txtにビルド条件を記述しておけば、環境に応じてビルド環境を自動生成してくれるというものです。具体的にはLinux上ではMakefileを、Mac上ではXcodeのプロジェクトファイルを、Windows上ではVisualStudioのプロジェクトファイルを自動生成してくれます。

クロスプラットフォームなプログラムを書く際に、ソースコード互換さえ取れていれば、わざわざ環境ごとにビルド環境を作らなくても良くなりますので便利だということですね。

Continue reading “CMakeの使い方メモ”

PythonでMovableTypeのXML-RPCインターフェースを叩く

MovableTypeにはXML-RPCインターフェースが準備されているので、外部から新しい記事を投稿したり過去の記事を取得したりできます。MT自体のリファレンスを探せなかったので、コチラのページを参考にさせて頂きました。

Continue reading “PythonでMovableTypeのXML-RPCインターフェースを叩く”

MovableTypeをSnowLeopardにインストールメモ

実験のためMovableTypeをローカルにインストールしたのですが、やたらと手間取ったのでメモ書きです。環境はSnowLeopardで初期インストール済みのapacheとperlで動作させました。MTディレクトリは/Library/WebServer/Documents/blogとしました。

Continue reading “MovableTypeをSnowLeopardにインストールメモ”

何故かAppleScriptが動かない時はactivateしたら良いよという話

覚えたばかりのAppleScriptが動かなくて、ハマり倒したのでメモしておきます。まず動かなかったのは以下のコードで、やろうとしてるのは一番新しい送信ボックス中のメールに返信する形で新しいメールを作って件名と本文に適当な文字列を設定すると言うことです。単純ですね。

on run
  tell application "Mail"
       set last_msg to the first message of sent mailbox
       set reply_msg to reply last_msg with opening window
       tell reply_msg
            set subject to "replied"
            set content to "this is replied message"
       end tell
  end tell
end run

パッと見は動きそうなのですが、実行するとsubjectの設定でAppleEvent handler failedという謎のエラーが出ます。replyではなくて新しくメールを作った場合は動作するので、さっぱり原因が予想できず自己解決できませんでした。

Continue reading “何故かAppleScriptが動かない時はactivateしたら良いよという話”

iPadでJailbreakメモ

iPadでJailbreakしてみました。コードをビルドするところまでの手順をメモしておきます。僕の環境はOSX Leopard + iPad(iPhoneOS 3.2)です。それ以外の環境では動作確認はしてません。
あとお約束ですが、JailbreakするとiPadが壊れるリスクがあるので自己責任でお願いしますね。また作業前にiPadのバックアップをとってから行うことをオススメします。

Continue reading “iPadでJailbreakメモ”