メインマシンがMacBook Pro Late 2011になった

今までMacBook Early 2008をメインに使ったんですが、MacBook Proに新調しました。高解像度の15インチでメモリは16GB。

必要にかられて急いで調達したつもりが、届く前に別に必須じゃなくなったので、ぬーんとなってたんですけど、いざ届いて触ってると、色々快適で、しばらくはこのマシンだけでテンション保てそうです。

MacBook Pro

Appleの仕様にはメモリは最大8GBまでと書かれてるんですけど、ちょろっと調べたら16GB指して動いた!と言ってる人が結構居たので、僕も真似しました。買ったのはこのメモリです。8GBx2で1万円ちょいとか信じられない安さですね。手元ではバッチリ動いています。危うくAppleのぼったくりメモリ8GBを注文しかけました。危なすぎます。

せっかくなので16GBのメモリを指したパワーを確認したいですね。なのでNovaBenchというベンチマークアプリで新旧マシンを比べてみました。古い方はOSX 10.6なので純粋にハードウェアの差ではないかもですが、数字見る限り、ディスクアクセス以外はいい感じでパフォーマンス上がってます。

MacBook ProのベンチマークMacBookのベンチマーク

これで作業効率上がらなかったら潜りな気がするので、頑張りたいです。

1 thought on “メインマシンがMacBook Pro Late 2011になった”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *