現実逃避で

WEB進化論とWEB時代を行くを読んだ。

梅田さんの価値観が凄く自分に近いような気がした。

そんな梅田さんが評価する、はてなの近藤さんに興味がわくなぁ。

へんな会社の作り方も読もう。

さて気になったというか危機感を再確認したのは、英語圏のウェブの世界と日本語圏(というか英語以外)のウェブの世界で

格差が加速しているということが 書かれていたことだ。これはwikipediaに投稿されている記事の数で比較しても明らかで

英語の200万件に対して日本語は40万件に過ぎない。 これはwikipediaを第一参照先として使用している(と思われる)

今の学生からすると、英語と日本語で5倍も語彙の差が現実にある。

大袈裟に言えば知的活動の最重要インフラが5倍違うともいえる。

英語が重要だということがわかっていても、やはり日常生活のなかでは危機感は薄れてしまう。どうしたものだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *