Xcodeプロジェクト中のコード行数を取得するGemを書いた

RubyはiHeartRadioだとプロダクションコードではあまり使われてないんですが、開発補助系のタスクでは徐々に存在感を増してる感じです。自分で最初から何か書く時はPythonで良いのですけど、他の人が書いたツールを弄ったりするのに必要なのでRubyでコード書き始める事にしました。それでいきなり仕事のコード書くのはアレなので、練習がてらGemを作ってみました。

Continue reading “Xcodeプロジェクト中のコード行数を取得するGemを書いた”

2013年の振返りと2014年の目標

年末年始は久々に日本で過ごしていたのですけど、元旦から奥さんの膝が外れて救急病院に行ったり、NY行きのフライトが悪天候でキャンセルになって、サンフランシスコで16時間くらい待たされた挙げ句、バゲッジロストしたりと幸先悪い感じですが何とか生きてます。

Continue reading “2013年の振返りと2014年の目標”

[アメリカ日記15] 「僕が英語話せないのは日本の教育のせい」の続き

僕が英語話せないのは日本の教育のせい」と書いたところ、結構反応を貰いまして、そのうち半分くらいは批判的な内容でした。まぁ皆さん厳しいですね。コメント欄も結構荒れています。プチ炎上と言っても良いかも知れません。文章がまずかったのもあって、誤解されている部分があったので補足を書きます。

コメント頂いた皆さんありがとうございました。賛否どちらの方も結構ガッツリしたボリュームで、コメントを書いてくれていて、1つ1つ返せないので、このエントリで大雑把にコメント全体への返信とさせてください。

まず書きたかったのは次の事です。

  • 他国から来てる非ネイティブに比べて、自分も含めて日本人の英語での会話能力が軒並み低い。これは日本の文法偏重の英語教育の結果だと思う
  • 英語できなくてツラい!

何でも無いです。そしてそれ以外の事は別に言うつもりはありませんでした。

Continue reading “[アメリカ日記15] 「僕が英語話せないのは日本の教育のせい」の続き”

[アメリカ日記14] 僕が英語話せないのは日本の教育のせい

30才目前でこんな事をいうのはアレなんですけど、もう愚痴らずにはいれないです。

iHeartRadioで働き始めて1ヶ月が経ちました。技術的なスキルの観点では通用してるので、プログラマ的な仕事はこなせてますが、英語が全然通用してないです。これで良くチームに受け入れてもらってるなと思います。

Continue reading “[アメリカ日記14] 僕が英語話せないのは日本の教育のせい”

Hello GNU Assembler World

何年か前に「はじめて読む486」を読んだはずなんですけど、最近アセンブラ読もうとしたら全然読めなかったので、一から復習することにしました。アメリカ人が重要なタスクに取り組んでて凄い!と書いた直後にアセンブラの復習とかシュールなんですけど、まぁ気になったら次に進めないですし仕方ないですね。コードの動作確認は32bitのCentOSで行っています。手元の64bitOSだとググって出てくる情報と色々違うので、面倒でやめました。

Continue reading “Hello GNU Assembler World”