flex3のtraceを使う on OSX

さすがにprintfデバッグができないと、開発する気になりませんのでとりあえず調べたんですけど、なかなか巧く情報にたどりつけませんでした。

結局ハマり倒しましたが、ようやくflexでtrace関数が使えるようになりました。以下備忘録。OSXだからといって特に変わったことはありませんでした。

1. flex3 SDKをインストール
(http://www.adobe.com/products/flex/flexdownloads/)
2. content debuggerをインストール
(http://www.adobe.com/support/flashplayer/downloads.html)
3. ~/mm.cfgを作成する。内容は以下の通り。
ErrorReportingEnable=1
TraceOutputFileEnable=1
4. ブラウザを再起動

以上の手順で~/Library/Preferences/Macromedia/Flash Player/Logs/flashlog.txtに
traceで出力した内容が保存されます。ちなみに上書きのようです。appendではありません。
あちらこちらに情報が断片的に存在していますが、Adobeのドキュメントが一番わかりやすかったです。
http://livedocs.adobe.com/flex/3_jp/html/help.html?content=logging_01.html

どうも巧く行かないとパニックになって、頭真っ白で丸々コピーできる解答を
探してネットをしてしまう傾向にある。頭使っていかないと。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *