Hello Python Image Library

GAE上で画像を弄りたいという事でPILを触ってみました。ドキュメントを見る限りかなり多機能ですが、とりあえず一般的な処理を試してみました。楽チンですね。

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import Image
import ImageFilter

# ロードしてjpegへ
image = Image.open('lena.ppm')
print image.format, image.size
image.save('lena.jpg', 'JPEG')

# リサイズしてPNGへ
small = image.resize([128, 128])
small.save('thumbnail.png', 'PNG')

# 回転してBMPへ
rotate = image.rotate(45)
rotate.save('rotate45.bmp', 'BMP')

# 上下反転してGIFへ
upsideDown = image.transpose(Image.FLIP_TOP_BOTTOM)
upsideDown.save('upside_down.gif', 'GIF')

# フィルタ処理してTIFFへ
filtered = image.filter(ImageFilter.DETAIL)
filtered.save('filtered.tiff', 'TIFF')

各種フォーマットへの対応が凄く便利で、web上というよりは手元でちょっと画像弄るような処理がとてもし易いですね。あと話がずれますが、変換等の確認にImageMagickのdisplayとidentifyコマンドが便利です。displayは画像の表示、identifyは画像の情報取得をそれぞれターミナルから行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *